[ 仕事と人を知る ] サービス提供責任者(計画作成)WORK

TOP仕事と人を知るサービス提供責任者(計画作成)> インタビュー

INTERVIEW

育児と仕事、どちらも両立。
それが出来るのは、"ママさんへのサポート体制”のおかげです。

KUSABA 草場さん 2013年 入職

育児と仕事の両立はどうですか?

私は、2人の子供と3人で生活しています。サービス提供責任者という責任のある仕事をしていますが、子供たちに助けられ、仕事に集中できる環境をつくってもらっています。子供たちの行事や入学、卒業などのイベントの際は優先してお休みもいただけるため、子供の教育、仕事とうまく両立できています。

子育てママにとって、日本福祉会の良いところは?

日本福祉会は会社全体で、子育て中のお母さんのサポートを取り組んでおり、2018年6月には保育園を設立しました。その人に合った勤務時間で仕事ができる環境が、整っているところだと思います。また、会社行事にも子供と一緒に参加出来るので、社風を感じ取れ、安心しているようです。

日本福祉会のチームワークについてはいかがですか?

介護・看護・ケアマネ・デイサービス・施設職員など、他職種が連携をとり、施設内、外部の利用者様の生活をトータルサポートしています。横の連携もお互いに声を掛け合って、足りない所は補い合いながら、とてもいいチームワークだと思います。

後輩にメッセージをお願いします。

一言で言うと、楽しく働ける場所です。福利厚生もしっかりしており、結婚しても、出産しても、安心して子育てをしながら働ける場所です。一緒に笑顔で頑張って行きましょう。分からないことや、不安なことは先輩職員がサポートします!

利用者様の思いやりの言葉。
その言葉に『よしっ』と
気合が入ります。

KUBO 久保さん 2017年 入職

日本福祉会との出会いについて教えてください。

私は、訪問介護が好きです。利用者様が長年住み続け、何より自分の城としている、ご自宅に伺い安心してその人らしくいれるように、必要な支援ができるからです。私が介護職として心に決めていることは笑顔です。自分が笑うこと、利用者様を笑顔にという思いから、ここ、えがおで寺塚に縁あって入職しました。

介護職からサ責を目指した経緯について、教えてください。

訪問介護をしているなかで、もっと支援をして少しでも利用者様が思うような、生活ができるように近づけたい。そういう気持ちを持ち続けていました。入職して、まだ1年という短い期間でしたが、前職での経験を評価され、計画作成責任者として抜擢していただきました。
 

サービス提供責任者の職務、「大変なこと」、また「やりがい」とは?

業務中で、現場の仕事にも携わりながら、ヘルパーさん達にも支持をし、サービスやケアに漏れが無いよう気をつけています。時には、ヘルパーさんたちの意見も取りまとめ、サービスをより良くする為に工夫することを忘れません。そんな中で、利用者様やご家族から、『ありがとう』と、言われることが何よりのやりがいです。

後輩にメッセージをお願いします。

正直、介護の現場は、楽なことはありません。ですが、利用者様の思いやりの言葉に『よしっ』と気合が入ります。大変だからこそ皆で力や知恵を合せて、利用者様に満足していただけるサービスの提供を目指せます。新しく入って、来られた職員の方にも皆でサポートしていきますので、心配せず仲間になってくれたら嬉しいです。『えがお』を絶やさず、みんなで支えあえる職場にしていきましょう。
 
職種TOPへ
pagetop